Log in

サービス付きアパートの状況について VTV2チャネルの「賢い通貨」という番組で語る


サービス付きアパートは世界で非常に人気があり、不動産の高い割合も占めますが、ベトナムではこのタイプはまだあまり知られていません。市場を学んだり、他の仕事をしたりするためのベトナムに入る外国人の数は毎年平均8-10%増加しています。そして今後数年間で、世界の大企業が工場をベトナムに作る一方で、一連の外国人労働者及び専門家を連れてくるでしょう。これは外国人のためのアパートのニーズが高まるに違いないと思います。従って、サービス付きアパートは将来ますます人気になると信じています。

サービス付きアパートはホテルやホームステイにほとんど似ていますが、このタイプの優れたところはハウスキーピング、ランドリー、プール、ジムなど、アパートに付属する無料のサービスがたくさんあること。自炊したり、他の人と一緒に住んだりすることができますので、サービス付きアパートの周りの施設はテナントを自分の家にいるように感じさせます。同じ基準のホテルと比べたら、顧客は家賃の30〜40%を減らせます。そのため、多くの外国人専門家がサービス付きアパートを選びます。

テナントを誘致するため、多くの家主が積極的に賃貸物件をウェブサイトに掲載しています。しかし、これで顧客が自分の欲しいものを見つけるという難しい問題をなかなか解決できません。従って、入居者は、市場で評判の良いサービス会社を通じてアパートの状態を確認する必要があります。

賃貸のリスクを最小限に抑えるために、テナントは友人や隣人からのアドバイスを聞くのがいいです。また、技術開発のこの時代では、従来の方法の他に、顧客は不動産フォーラムや評判の良いサービス会社に頼むことができます。

「アパートに関する情報は非常に明確で完全です。プロパティプラスは360度の技術を備えており、顧客がアパートの中を歩き回って部屋のレイアウトや家具を直接に見るようなことができます。お関心がある場合、営業部に連絡していただくことで、家具のリスト、レンタル価格の条件、および付随するサービスの詳細をお客様に提供することができます。」とプロパティプラスの創業者が述べました。

計画投資省によると、2020年10月の時点で、ベトナムの60州と都市でシンガポール、韓国、日本、タイなど111か国と地域がベトナムに投資しています。これらの国と地域はベトナムで多くの投資プロジェクトを持っています。海外からの強力な投資により、多くの従業員、ビジネスメン、専門家がハノイやホーチミン市などの大都市に移動しました。これは大都市の賃貸用サービス付きアパートの市場における大きな需要に繋がります。これは現在の状況における不動産投資業界にとって良いことと信じています。